​「あなたのさくら色 2021」
〈歌詞部門〉

3位 「ふたりの花」

内間 拓

二人して暮らし始めた 

北の国 あなたの故郷                 

港見下ろすあの丘で                                                 

肩寄せ見た 白く清しいさくら                                     

風が吹く度 花びら舞い                                             

寒さに震え 繋いだ手                                              

そっと握った小さな幸せ                                             

離さないように 壊さないように                               

 

ねえ、知ってる?

花ごと散り落ちる 南の島の紅いさくらを    

いつか見せてあげたい  あなたに

 

大地大きく揺れた日

水門閉めに向かったあなた            

それきり戻ってはこなかった                                        

あの黒い海を憎み続けた                                             

小さな波にさえ怯えた                                      

海を見るのが怖かった                                                

でも花は咲き 風に散った                                           

もう二人肩寄せて観ることもない                                     

 

ねえ、知ってる?

花ごと散り落ちる 南の島の紅いさくらを

見せてあげたかったの  あなたに

 

独り戻ったふるさと 

南の島の季節はうりずん             

梅雨入り前の南風                                                       

夏が過ぎ 秋が素通りしたあと                                      

島を彩る紅いさくら                                                 

暖かく穏やかな朝                                  

新しい命を抱いた                                                       

私の心に咲いた大きな花                                                 

 

ねえ、見えてる?

もう九つになるの ふたりのの花 

そっくりよ あなたに 笑えるくらい 悲しいくらい     

 

ねえ わかったの

どんなに暗く辛い日々の中にいても 

必ず笑える瞬間があることを  

 

ねえ みててよ

あの優しいまなざしで 二人しっかり生きていくわ

この島の人たちのように

 

ねえ、見えてる?

もう九つになるの ふたりの花 

そっくりよ あなたに 笑えるくらい 悲しいくらい