「あなたのさくら色2021」
受賞作品発表

ILLUSTRATION
〈イラスト部門〉

田中 茉央.jpg

​1位 「前を向いて、上を向いて」

田中 茉央

AGE:19

https://kanata-tanaka.tumblr.com/

審査員コメント:

副田高行:さくらのヘアとおしゃれなウエアのマッチングが素敵です。

 

小篠ゆま:満開の桜のヘアースタイルのユニークな女の子が印象的。デジタル制作なのに手描きの様な暖かさが表現出来ており、また元気強さを表現する黄色の背景が、この女の子の優しく可愛い色合いをより強く押し出していると思います。

 

蟹瀬令子:今年のテーマ、きっときっとさくら咲くのとおり、前向きなエネルギーを感じる、元気が出る作品です。19歳の可能性がみえます。

02

Project Name

2位「frame」

官野 良太

AGE: 33

https://www.instagram.com/kanno_ryota

審査員コメント:

小林照子:油絵具を根気よく重ね、めくりつつ心象風景を描きだしている。

 

蟹瀬令子:さくら色を重ねた深みのある柔らかな表現の中に、見えないフレーム。美しい中にある何か厳しさを感じて、なぜか心惹かれます。

官野 良太jpg
武藤美希.png

3位「spring」

03

Project Name

mikimikimikky1016
AGE: 38
https://mikimikimikky1016.com/

審査員のコメント:

小篠ゆま:心温まる桜色のハンドペイントの暖かさの中に、目を引く黄色とブルーのキリンのカラーとのコントラストバランスが、暖かさの中にも元気さを表現しており、これから咲いていく桜の力強さ、元気さをとても感じます。また作品の額縁を英字新聞のような上でマスキングをしまたその上にもペイントをすることにより、暖かさと枠からはみ出る力強さも感じます。キリンの目も全体を引き締めるキャッチーなポイントになっているのかと思います。

 

秋元:構図も色彩も「ほっこり感」を良く表現出来た、心に響く作品だと思います。

PHOTOGRAPHY
​〈写真部門〉

1位
該当なし

2位 新しい季節がくる報せ。」

小野ありさ

AGE: 30

審査員のコメント:

小林照子:なにげない日常のひとこまだが、誰もが「あるある!」と思う瞬間。

 

副田高行:ビニール傘なのか、雨に濡れた花びらがしがみつく。日常の1シーンを見事にとらえた。

 

蟹瀬誠一:なにげないビニール傘に雨粒とともに付着した桜の花びらに注目したところが新鮮。アート感溢れる作品。

 

蟹瀬令子:なにげない日常の一コマがよくとらえられています。

小野ありさ.jpg
若村 眞佐代.jpg

2位 未来咲く」

若村 眞佐代

AGE: 44


審査員コメント:

小林照子:あどけない幼児とその周辺に存在する人々の心情が心に沁みる作品です。

 

副田高行:優しい光の中の赤ん坊の鼻にチューブが。胸に刺さった一枚。

 

蟹瀬誠一:明るい日差し、自然の緑の背景に酸素吸入器を付けた赤ちゃんの眼差し。欧米先進国と比べて日本が遅れている ホスピタルアートの一つとして「ホスピタルフォト」を提言する作品として評価する。

 

蟹瀬令子:あどけないのに背負った痛みがある、でも頑張っている姿に勇気づけられます。

3位 「入学式が待ちきれなくて

近藤真里子.jpg

近藤真里子

AGE: 59


審査員コメント:

副田高行:満開の桜の下。子供の表情がいい。ランドセルを傘にした構図がいい。

 

蟹瀬誠一:さくらの花を背景にランドセルと戯れる子供の笑顔が本当に幸せそう。コロナ禍で文句なしに癒されます。

 

小篠ゆま:おばあちゃんとお孫さんのなごやかな関係がとても表現されています。背景の暖かな優しい桜の前で、ランドセルの蓋の下でやんちゃに微笑むお孫ちゃんが何とも可愛らしく、とても心和む作品だと思いました。また下の芝生のグリーンが、全体を引き締めており、自然の中にもコントラストが効いており、良い作品だと思いました。

 

蟹瀬令子:喜びにあふれている様子がこの時代ホッとさせてくれます。

LYRICS
​〈歌詞部門〉

1位 「僕らの時代」

澤村 健太郎

AGE: 38

審査員コメント:​

湯川れい子: 詞として美しいと思います。詞のラインが秀逸な所があって、捨てがたく思っています。 特にBメロはするどすぎる。

 

蟹瀬令子: 今の時代を反映している歌詞だと思います。今みんなが感じていることを言葉にしていて共感を覚えます。 

クリックすると作品ページにいきます↓

澤村 健太郎

クリックすると作品ページにいきます↓

桑嶋 ミキト

2位 「糸口の向こう」

桑嶋 ミキト

AGE: 45


​審査員コメント

湯川れい子: メロディーをつけるとしたら、AA´CBという展開になりますが、フォーク、ロック、シンガーソングライターなら、伸ばしたり、ツメたりで、言葉数を何とかはめ込めるでしょう。むしろ純粋詩としてもよいかと思います。

3位 「ふたりの花」

クリックすると作品ページにいきます↓

内間 拓

AGE: 62


審査員コメント:

湯川れい子:あのツナミにさらわれて死んだ夫と沖縄に来ていた妻との物語。ツナミから9年後の物語です。毎年子供が大きくなるごとに「もう10才」になるの、「もう11才よ」と年を重ねていける歌です。

内間 拓

JUDGE PICKS
〈審査員賞〉

桜井 さおり.jpg

湯川れい子賞

「猫桜に舞うさくら」

桜井 さおり AGE: 52


審査員コメント:

湯川れい子:左右の眼の色が違うなんて、『デヴィッド・ボウイ』みたい。 あまりにも閉鎖的なコロナ禍の世界で、もう人間界を越えて、スター・アニマルですね!!


小篠ゆま:白と薄ピンクの統一感の中に、猫の肉球とピンクとブルーの猫の瞳の色がとても印象的でした。猫の肉球も桜の花のようで可愛く、コミカルでほんわかとした作品です。作者過ごされてきた困難な状況から、一歩前に進もうとするチャレンジ心をとても力強く感じられ、これからの時代への希望が持てるような作品と思いました。

笹田雅代.jpg

小林照子賞

「春色につつまれて」

笹田 雅代 AGE: 58


審査員コメント:

小林照子:水墨画に色をにじませた様なおぼろな雰囲気がよい。

 

秋元:大変な撮影のための準備と、ベストなタイミングを根気よく待った結果と思われます。

米澤 知世

小篠ゆま賞

「花追う君へ」

米澤 知世 AGE: 29

https://www.instagram.com/chibignac0.0


審査員コメント:

小篠ゆま:スポンジタッチの柔らかいタッチと、シャープな線画とブロッキングでミニマルに表現したのが、コントラスティックで今っぽい!!


副田高行:繊細なラインの鳥が、さくらの花びらとともに物語をかたっていますね。

成田真梨菜.jpg

副田高行賞

「こけしガールズ」

成田 真梨菜  AGE: 27

https://www.facebook.com/marina.narita.5


審査員コメント:
副田高行:こけしのボディにカラフルでチャーミングな顔。これはもう、現代アートです。

 

蟹瀬誠一:いかにもユーモラスなイラストが日本伝統のこけしとコラボして面白いアート感をうみだしています。

 

蟹瀬令子:伝統工芸のこけしと近代ポップアートのマッチングが未来への可能性を感じさせてくれます。

戸田 怜花.png

蟹瀬誠一賞

「あの日、あの時。」

戸田 怜花  AGE: 20
https://www.instagram.com/Chan___ryo_


審査員コメント:

蟹瀬誠一:上京時の当惑と喜びの交錯していてユーモラスに描かれていて、将来性を感じさせてくれる作品です。

 

小林照子:たじろぎながらも立ち上がる少女の気持ちが愛らしく表現されている。

永山 薫.png.png

秋元征紘賞

「出発!桜咲く未来へ」

山城 奈々 AGE: 24


審査員コメント:

秋元:学生時代の悩みや希望が独特な表現で描かれている印象的な作品です。

クリックすると作品ページにいきます↓

井深靖久(いぶかやすひさ)

レナジャポン社長賞

「桜花自然(おうかじねん)」

井深 靖久 AGE: 53


審査員コメント:

蟹瀬令子:ひらがなと漢字の美しい組み合わせからうまれた絵のような歌でした。ゆっくりと時間が過ぎてゆくこの感じに曲がつくといいかなと願っています。

湯川れい子:まるで浮世絵のような、絵が先に見えるような古文調の美しい歌です。和楽器バンドなら歌ってくれるかもしれせん。今回、最もさくらが見えた桃色の世界でした。

 

佐藤静治.jpg

レナジャポン社長賞

「春の流れ」

佐藤静治 AGE: 68


審査員コメント:

蟹瀬令子:とてもシンプルなのに、勢いがありうつくしい。さくら色の静と動がよく表れています。

今年は奨励賞を設けました。

宮澤 レナ.jpg

審査員奨励賞

「さくらのお手紙お届けします」

宮澤 レナ AGE: 23

審査員コメント:
心安らぐメルヘンチックな表現をさらに深めていただくことを期待しております。

加藤正臣.jpg

奨励賞

加藤 正臣  AGE: 37

「富士桜入学図」

審査員コメント:
長年の素晴らしい制作活動を称えると共に、これからのさらなる活動に期待しています。

JUDGING
​〈最終審査会風景〉

IMG_1111.JPG